Satoshi T.

記事一覧(7)

家族で自然を満喫したい!WILD WEEKEND

週末をワイルドに自然の森で過ごそう!自然体験のプロが森で過ごすヒントやアイディアを提供します。楽しみ方は自分次第!少人数制で自由度の高いプログラムです。こんな人におススメ・キャンプに行ってみたいけど何から始めていいかわからない・キャンプに行っても手持無沙汰になってしまう・子どもに自然を感じてほしい・家族で自然を満喫したい・お父さんカッコイイ!って言われたい・災害準備やサバイバル技術について知りたいプログラム(2018年度)10月28日(日)みんなで秘密基地づくり!(ロープの使い方をおぼえよう)※終了11月23日(金・祝)枝を使った工作(ノコギリ、ナイフを使ってみよう)※受付中1月27日(日)焚き火で遊ぼう(マッチを使って火おこし)※受付中2月24日(日)森の中でピサづくり(家族で楽しむキャンプ料理)※定員になりました。キャンセル待ち受付中各回10:00~15:30主催:あなたとわたしhttps://anatatowatashi.localinfo.jp/https://www.facebook.com/youanditsukuba場所:あなたとわたしの森(つくば市中別府593-9)定員:12名程度(3~5家族)先着順対象:親または保護者と子ども(大人だけの参加はOKですが子どもだけの参加はご遠慮ください)参加費:大人2500円 4歳~18歳1500円 3歳以下1000円(乳児無料)昼ごはん付き(参加者みんなで作ります)持ち物:汚れてもいい服、運動靴または長靴、帽子、飲み物、食器、箸、軍手、タオル、着替え、保険証雨の場合カッパ(傘不可)申し込み以下のメールアドレスに①参加希望日②参加者全員の氏名③お子さまの年齢④アレルギーの有無(有る場合詳細に)⑤プログラムに期待すること、質問などを明記の上送信ください。メール確認後、こちらから折り返し連絡いたします。準備の関係上、実施日の3日前を受け付け〆切といたします。キャンセルについて2018年度は試行期間の為、キャンセル料は無料です。キャンセルの場合はなるべく早くご連絡ください。※部活や学校、習い事、仕事の予定などよくチェックしてからお申し込みください。申込先→ youandi.tsukuba@gmail.com

園児募集♪ 森のようちえん体験会実施中

森のようちえん あなたとわたしでは2019年4月からの園児を現在募集しております。何件かお問い合わせもいただいており、うれしい限りです。募集にあたって、我々の想いをしたためました。下記に募集について、体験会についてを記載しております。=======森のようちえん あなたとわたし は夫婦二人で始めた、小さな小さな園です。あるのはサッカーコート半分ほどの森だけ。建物もないし、遊具もない。だけどそこは全てが生命によって創られる空間。日々一刻、違う森の姿に出会えます。自然の中で伸びやかに育つ、ココロとカラダとアタマ。「子どもが、とにかくあるがままの姿で自ら育つ」場所として、森のようちえんを開園します。大切にしたいこと「自然の中で過ごす」ということ日差し、木陰、風が吹く、木の葉が揺れる、鳥の声、土のにおい、おいしい木の実、、、一日の中でも気温や天気、様々な事象によって自然の姿は移り変わっていきます。季節を超えればその姿はいっそう変化し、年をまたげば、初めて咲く花や、初めて出会う鳥もいれば、枯れていく草木もあります。そんな自然に触れて、見て、聴いて、匂い、ときには味わう。何もない。けれど全てがある。その中で手を動かし、感じ、考える。自然の中で、自然な育ちを大切にします。「あなたとわたし」という関係性自分を大事にする、ということは生きていく上で大切なことです。自分という確固たる存在を自分で認められることで、他人を大事にすることも自然と学んでいきます。つまり、わたしがわたしらしくいることで、あなたがあなたらしくいることを受け入れられます。「あなた」と「わたし」が無数に存在するのが社会です。「あなた」「わたし」という当たり前の存在を認め合うことが、様々な人がいる世界を生きる出発点となるのです。●2019年4月開園予定 対象:3~5歳  預かり日時:月~金 9:00~14:00  定員:20名 ♪現在園児募集中♪ 入園希望の方は一度書きアドレスにご連絡ください 興味あり、話だけでも聞いてみたいという方も是非一度ご連絡ください 小規模の個人園のはじまりになるので、来られる方と共に作り上げていきたいと思います。 保護者の方の自主性や意見も尊重し、行事や取り決めなども共に考えて作っていきましょう。 決まっているのは一年を通して森で過ごす、ということだけです。体験会を開催しております。体験会は入園希望者に限りませんので、森のようちえんを体験してみたい方のご応募お待ちしております。詳細は以下のページをご覧ください。

あなたとわたし はじまりのプレーパーク!

みなさま、お待たせしました!つくばの森を舞台にみんなの遊び場を展開する「あなたとわたし」いよいよ始動します!来る9月24日(月・祝)オープニングイベントとしてみんなの遊び場「プレーパーク」を開催します!森でみんなで遊びましょう!今後もプレーパークは月1回程度開催していく予定です。(最下段に日程掲載)詳細「あなたとわたし はじまりのプレーパーク」日時:9月24日(月・祝)10時~15時場所:あなたとわたしの森(つくば市中別府593-9)   駐車場はギャラリー庵にお借りします。なるべく乗り合わせでお願いします。   ナビで調べる場合は「ギャラリー庵」で検索していもらえるとよいです。参加費:無料誰でも来られるように無料で開催しています。カンパやお手伝い、差し入れなど随時募集しております。特にプログラムは用意していません。子どもがやいたいことをやれるように現場にいるプレーリーダー(スタッフ)がサポートします。木登り、穴掘り、基地づくり…森の中で何して遊ぶ?もちろん大人も遊びましょ〜。プレーパークって?デンマーク発祥の自由な遊び場。日本では「冒険遊び場」と呼ばれることもあり、つくばには桜運動公園で「ゴンタの丘」や中央公園で「つくいちdeプレイパーク」などが開催されている。「自分の責任で自由に遊ぶ」をモットーに、道具や工具、自然物や廃材を使って自分たちで遊びを創る場です。あなたとわたしでは「お年寄りから赤ちゃんまでいろんな人が集う場」を目指して活動していきます。場所について手つかずだった民有林を地主さんからお借りしています。森の中の下草を刈り、木を伐って個人で整備しています。公園のようなコンクリートや芝生はなく、フカフカの腐葉土で、木の根っこが出ていたり、枯れ木が地面に寝転んでいます。汚れてもいい恰好でお越しください。お子さんと来る方は着替えをお忘れなく。今後のプレーパークの予定10月14日(日)12月9日(日)1月13日(日)2月17日(日)3月10日(日)時間10時~15時その他各種イベントも開催予定!詳細はHP、Facebookに随時UPしていきます。

「あなたとわたし」とは

理念 森と人、人と人背景近年、つくば市ではめまぐるしく開発が進んでいます。雑木林はどんどんなくなり、そこら中が更地になり、次々と商業施設や住宅地ができています。それに伴い、人々は中心市街地に目を向けるようになり、周辺の自然豊かな地域への愛着心がなくなってきているように感じます。また、つくばエクスプレス線ができ、首都圏へのベッドタウン化も進んでいます。元々、大学、病院、研究機関が多くあり、若い世代の出入りが多い地域で、地域コミュニティができにくい街だといえます。更に、ネット社会が当たり前となった現代では、直接人と人が出会い、繋がりを持ち、関わりを持ち続ける機会は少なくなったのではないでしょうか。森と人一昔前――森は生産的な価値を持っていました。切り出した木は木材や薪として、落ち葉は肥料として、木の実は食料として、そこに棲む動物たちは食料として。今現在――森は空間的な価値を利用する人が多くなりました。キャンプ、ピクニック、ハンモックをかけて休む、本を読む、アスレチック遊具。今も昔も森と人は関わっています。しかし、今と昔では上記のように価値観が違います。そして決定的な違いがあります。それは「利用する人が森に手を入れるかどうか」です。生産的な場として関われば、入るためにまず草刈をし、木材を使うためには枝払いや間伐、植林という「手入れ」が必要になります。今はお金を出して森をレジャーの場として使う代わりに「手入れ」は別の誰かが担っています。しかし、森はキャンプ場のようなわざわざ行く場所以外に、身近にもたくさんあります。身近な森は今や生産的な価値を失い、昔のように手を入れる人がいなくなってしまいました。我々は身近な森にも価値があると思っています。それは「遊び場」としての価値です。「遊び場」の定義は体を動かして遊ぶということだけではありません。「今此処(イマココ)」の自分に集中し、楽しい、面白いと思うこと全てが「遊び」の範疇です。森でできる遊び、あなたならどんなことを想像しますか?秘密基地づくり、火を焚く、木登り、ロープでアスレチックを作る、大きな木の下で本を読む、ただ風を感じる、鳥の声を聴く、木漏れ日の中でお茶を飲む、木を切って何か作ってみる、草木染、つる植物でリースを作ってみる、どんぐりから木を育ててみる、食べられる木の実や野草を食べてみる……。そこにはもはや空間的、生産的などの価値の違いはなく、「遊ぶ」ことで人は能動的に森と関わることができるのです。人と人我々の活動の始まりは身近な森を使いたいということもちろんですが、人と人が繋がれる場所を作りたいということでした。我々は人と人が直接出会い、顔を見ながらコミュニケーションがとれる場を大切にしていきたいと考えています。スマホやパソコン、あるいは商業施設と比べると、森には便利で快適なものはないかもしれない。でも、そんな場所だからこそ、互いの生きた情報や知恵を出し合って、不便を楽しみ、創造する面白さがある。森という開放的な空間で話をするきっかけがあれば、子育ての悩みや生活で困っていることを相談しやすいかもしれない。面白い遊びを一緒に創る仲間と出会えるかもしれない。大人、子どもや様々な違いの垣根もなく、遊びを通してあなたとわたしが出会い、繋がる。あなたがあなたらしく、わたしがわたしらしく居られる場所として、身近な森をコミュニティ空間として機能させたいというのが我々の願いです。